ホーム製品案内事業案内技術相談

株式会社ノースプラン

test

ホーム > 製品案内 > DCパネル > DC2040

DC2040 国土交通省新技術情報提供システムに登録されました。

NETIS  国土交通省 NETIS登録番号 HK-170008-A



 

北のブランド認証を受けました

自社開発のDCパネル(特許及び意匠登録済、国土交通省NETIS登録)を使用した防雪柵である。これらの性能と効果はシミュレーションや実証試験により検証済みであり、国内各地での施工実績があることから、札幌商工会議所主催による北のブランドの認証を受けしました。

 

 

DC2040の特徴と性能

■ 進化し続ける高性能
・ 道路敷地内での設置が可能です。
・ 斜風対応に優れています。
・ 経済性にも優れています。
・ NETIS登録申請中。
*特許出願番号 2016-180136



■ DC2040フェンス使用素材のDCパネル



■ 風向風速数値シミュレーション解析


・ DCパネルにより、柵風上から流入する飛雪を
  風下上方へ合流させ吹き流す。
・ 風下側の剥離渦を抑え減風効果も高い。

*風向風速数値シミュレーション  
・使用ソフト:SOLIDWORKS(R)professional 2015  
・流 入 風 速 :V=10m/sec  
・柵   高:H=4.0m






■ DCパネルの特徴
■パネル自体が持つ風向変換機能により、風雪の流れを上下左右に変換することができます。


■DCパネルと無孔板を組み合わせることにより、流入する飛雪を効率よく上方向に変換し高い防風防雪効果を発揮します。






■ 平成27年度冬期 吹きだまり実験
■フィールド吹きだまり実験において高い吹きだまり抑制効果を確認。






■ 平成27年度冬期 気流可視化実験
■風上側雪丘が高くてもDCパネルにより気流をスムーズに上方へ変換。

・通常の有孔板を使用した場合、風上側雪丘が有孔部に達すると飛雪が上方へ上がらずそのまま流入し、
 吹きだまりが急激に成長する傾向にある。
・一方DCパネルは、このような場合においても気流を上方向に変換し吹きだまり形成を抑える傾向にある。






■ 風 洞 実 験  国立研究開発法人 土木研究所 寒地土木研究所風洞実験


吹きだまり模型実験
煙可視化実験
・吹きだまりの形成を抑制する。
・剥離渦を抑え効率よく吹き流す。
・減風域が広く斜風にも効果が高い。


 DCパネルは2010年12月28日「北のブランド」の認証を受けました。

 
 第3回ものづくりスペシャリスト表彰 札幌商工会議所主催
 ▽新技術・技能部門 優秀賞 ノースプランDC防雪柵開発チーム










Copyright (C) 2008 North plan Corporation. All Rights Reserved.